縁結びは神社で

縁結びと聞くとどうしても好きな相手と、男女交際というイメージが強いですが必ずにもそうではありません。
人の縁はいろいろとありますよね。友達関係、親子関係、師弟関係、仕事関係・・・などなど人は一人で生きる事は不可能ですから、いろんな縁があって人間関係は構築されているわけです。

しかし恋愛と言えば占いが主流であるのに、縁結びは占いではなく神社が有名ですよね。
これは縁結びとは仏教的な思想に関係していて、縁とは前世からの宿縁が深く影響している超自然意志が働いていると考えられているからです。
つまり人間の力でどうにかなるものではなく、神様・仏様と呼ばれる人の力が作用すると考えられたからこそ縁結びは神社となったのかもしれませんね。

日本にはたくさんの神社があり、その中には縁結びで有名な神社も少なくありません。
例えば一番有名なのは出雲神社です。
出雲神社には旧暦の10月になると全国各地の神々が集まる男女の縁を結ぶと言われているので、その時期に出雲神社で縁結びをすると効果的でしょう。

他にも全国にたくさんの縁結びの神社があり、お守りを買いに行ったり、恋人と2人でお参りに行ったり、縁結びを望んでいるというアピールにもなるのでより効果が発揮されるかもしれませんよ。
もちろんお賽銭はご縁があるようにと5円の人が多いようです。良縁祈願にたくさんの人が神社に訪れます。
恋愛=占いでというケースも多いですが、恋愛=神社でお参りとなるのは縁結びの力だと言えるでしょう。
神社はパワースポットでもありますから、お正月しか訪れないのは勿体ないと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ